姉はヤンママ授乳中in実家 第2話 ネタバレ もしかしてダンナより気持ちいいかも?

無料立ち読みはコチラ!
↓画像をタップ↓

>> 今すぐ無料お試し読みする!

 

「あっ、さすがにマズイって、姉貴!」

アイカは、弟のチ○ポの勃起を見て、

「今度はあたしの番だ!」

 

 

弟のチ○ポが、旦那よりデカく

アイカは、さらに興奮していく。

「今、ピクってなった~ 笑」

小刻みに動くチ○ポを見て楽しむ姉…

 

 

「この酔っ払いが!」

興奮が止まらない姉は、

チ○ポをつかんで、こすり始めた。

 

 

「何すんだよ…」

「あんた、昔はチ○チン

 小さかったのにね~」

 

 

そうすると、突然、

アイカは、チ○ポをくわえた。

「はうっ!!」

タクは、ビックリして、声が震えてしまう

 

 

「まだまだ、これからが本番だぞ!」

「あ~そんな奥まで…」

チ○ポが喉奥に当たって気持ちよかった。

「これはやべ~」

 

 

姉のフェ○テクは、

前の彼女とは比較にならない…

なんか色んなテクを使われて、

気持ち良過ぎる・・・

 

 

チ○ポ、甘噛みしながらからの

指の先で、亀○をいじりったりと

チ○ポを口の中で吸い付かせて上下させ

しゃぶる姉のフェ○テクに驚くばかりだ

 

 

スケベすぎるよ~

 いつもこんな感じかよ~」

 

 

姉は、独身時代、

相当な数の男たちと付き合っていた。

このフェ○テクには、浮気でも

してるんじゃないかと思ってしまう

 

 

しかし、実際には、

アイカは、旦那とは別の

チ○ポは久しぶりなのだ。

 

 

もうタクのチ○ポは

限界寸前まで達していた。

「あたしの口に思いっきり出して」

タクは言われるまま、射○した。

 

 

アイカは、いつまでも

タクのチ○ポを口から離さない。

精○を残らず飲み続けていたのだ。

 

 

その姉の顔のエロさに、

タクは、ガマンしきれず、

アイカを押し倒す。

 

 

「おい、セッ○スだけはマズイって!」

弟とはいっても、男の力に負けてしまう。

「止めろっていう方が無理だろ!」

タクの興奮は高まるばかり…

 

 

「あっ、ダメ、、、」

ジュプッ…

禁断の、の、

近○相○がとうとう・・・

 

>> 今すぐ無料お試し読みする!

 

無料立ち読みはコチラ!
↓画像をタップ↓